img_title_office_sm img_title_office_md

img_sub_title01_sm img_sub_title01_md

「100万人のONなオンナをOFFにする」をビジョンとして、ストレスオフのための商品をお客様に提供するべく、「ストレスオフ組織 ★」を提唱するメディプラス。オフィスも心身のストレス緩和・解消に有効とされる「主体性(自ら目的やゴールを定めて主体性をもって取り組む)」「休息」「グルーミング(愛情をもった他者との交流・スキンシップにより、お互いの居場所を作ることができる)」の3つの要素を促す目的で設計されています。

★ ストレスオフ組織とは、オンとオフを自分で切り替えて、ストレスをコントロールできる人材育成の仕組みがある組織のこと。

floor2_sm floor2_md

img1
2F エントランス
エントランスを入ってすぐ左手には、クルー全員の写真が並んでいます。その奥にはやさしい色合いの珪藻土(けいそうど)の曲線の壁に、メディプラスの製品をディスプレイ。近年は、通販に限らず、期間限定店舗や常設店舗へと拡大しているメディプラスの近未来像をイメージした空間になっています。
img2
カフェスペース
木のぬくもりが感じられる広々としたカフェラウンジ。自宅を第1の場所、職場を第2の場所としたとき、第3の場所(サード・プレイス)として、創造的な交流が生まれるようにと作られました。「朝ゼミ」など、全社員が集合する会議をはじめ、リフレッシュ&ミーティングスペースとして活用されています。
img3
メディプラスルーム
メディプラスが提案するブランドの世界観を表現したスペース。寝室、洗面所、ダイニング、リビング……。心地よい朝の目覚めから眠りの時間まで、メディプラスのある暮らしをシミュレーションできます。少人数でのミーティングや、少し心を落ち着かせたいときに、ほっと一息つくことのできる空間です。

floor5_sm floor5_md

5Fエントランス
5Fエントランス
ワークスペースの入口には、オリジナルのイメージ映像。日本で誕生したブランドとして「和」のイメージをメインに、海外進出した台湾や中国との繋がりも表現したプロジェクションマッピングでつくりました。また、耳に心地よく響く音、ふわりと清らかな香りが漂い、心地よい刺激とともに安らぎのあるワークスペースへと導きます。
ワークスペース
ワークスペース
ワークスペースはワンフロアで、クルー全体を見渡せる風通しのよいフラットな空間。ゆったりとしたレイアウトでコミュニケーションのとりやすい設計になっています。また、ふんだんに配置された観葉植物など、快適で居心地よく働ける環境を整えました。
ミーティングスペース
ミーティングスペース
5Fのフロア全体を船に模し、メディプラスの船「ラフライン号」と呼んでいます。ミーティングスペースには、ラフライン号の船室と同じ名前を付け、全体を壁で仕切ることなくガラス張りにし、どこにいても社内に一体感が生まれるように設計されています。

★メディプラスでは企業活動にそれぞれ名称をつけ、それと同じ名前をミーティングスペース全体に名づけました。