img_title_efcn_sm img_title_efcn_md

img_sub_title01

img_thumbnail01

※恒常性:生体が正常な状態を保持しようとする性質、防御機能のこと。

ストレス性乾燥肌の悪循環。

人は心身にストレスを受けると自律神経が乱れ、血行不良などの影響が現れます。肌には十分な栄養が届きにくくなるため、ターンオーバーの乱れからバリア機能の低下と、肌の不調が連鎖していき、結果的に乾燥肌・敏感肌になってしまいます。

メディプラスでは、こうした肌状態を『ストレス性乾燥肌』(キメが乱れて透明感のない状態)と呼んでいます。ストレス性乾燥肌の人は、周りの視線が気になり、さらにストレスが重なる悪循環に陥ってしまいます。

img_sub_title02

ストレス性乾燥肌とは、バリア機能の低下をきっかけに様々なエイジングトラブルが顕在化している皮膚のことを指します。

img_thumbnail02