img_title_history_sm img_title_history_md

img_sub_title01_sm img_sub_title01_md

代表 恒吉、自らの肌質改善の糸口を求めて皮膚科に勤務。
肌に悩む多くの女性の肌に触れ、湿潤ケアの考えに基づいた化粧品の必要性を痛感。開発を決意する。

オールインワンスキンケア「メディプラスゲル」の開発スタート。
開発資金確保のため、病院と患者のマッチングサイト「美容医療トータル情報センター(TJC)」を開設。

「メディプラスオーダーズ」シリーズ誕生。

TJCを法人化し、有限会社ティーエージェントを設立。

美容治療後のホームケアコスメとして全国の医療機関で定評を得る。
株式会社ティーエージェントに組織変更。

株式会社DBMGと共にグループ化、親会社となるJSホールディングス(現ラフラインホールディングス)を設立。
スキンケア販売事業に注力する。

マッチングビジネスを休止し、化粧品販売に一本化。
DBMG社の持つマーケティングノウハウを元に、通販事業をスタートする。

注文時に最も多い質問への回答であった「本当に1本でいいんです(笑)。」をキャッチコピーとした広告が大ヒット、成長が加速。

定期購入システムスタート、飛躍的な成長へ。初のコミュニケーション会報誌「Mediplus」創刊。
CRMコンサルタントの支援により、さらなる売り上げ成長に注力。

初のモンドセレクション受賞。
「楽して楽しく美しく」をテーマとした会報誌「美楽」の創刊(発行部数42,000部)、クロスセルの強化に成功。

10月、会報誌「美楽」発行開始。

理念の明確化に着手。
経営理念「今よりもっと、もっとよりずっと。」、社内評価基準「認高笑助」などが誕生する。

「100億の船」を合言葉に事業を拡大。
「若見え」と名付けられた折込チラシ、長尺インフォマーシャル「60歳の花嫁」が大ヒット、成長をさらに後押しする。

通販新聞にて、増収率業界1位を獲得。
台湾事業がスタート、台湾法人美樂思股份有限公司設立。
メディプラス研究所設立。
事業好調とは相反し、社員のブランドへの愛着心の低下が浮き彫りとなる。スタッフ全員でリブランディング構想を練り、ゴールを「ラフライン(笑いジワ/笑顔の輪が広がっていくという意味)」と定める。
100億円の売上目標を撤廃。

通販新聞にて、2期連続の増収率1位を獲得。
売上や効率に注力してきた事業方針の転換を決意。
「戦艦から客船へ」をテーマに、パートナー200名と共に第1回チーム総会を開催。
JSホールディングスを「ラフラインホールディングス」へ社名変更。
ブランド企画部を発足し、ブランド再構築に着手。

ストレスオフを基軸とした新市場を構想、「オフ活」の概念が誕生。
「客船ラフライン号の出航」というテーマのもと、第2回チーム総会を実施する。
企業理念・ブランド使命・事業ビジョンを明文化した「ぼくらのポラミッド」完成。
社員手帳「ぼくらのポラリス」を発行。
方針の共有を図るため、各部ごとでプチチーム総会を開催。

5月、株式会社ティーエージェントから株式会社メディプラスに社名変更
6月、理想の暮らしを提案する同梱冊子「オフメディプラス」創刊
10月、美楽Webサイトオープン
@cosmeクチコミランキング1位※オールインワン化粧品部門 集計期間:2016年7月1日〜2016年9月30日(3 ヵ月)

img_sub_title02_sm img_sub_title02_md

img_thumbnail01

モンドセレクション受賞

モンドセレクションは、1961年に創設された歴史と権威のある品評機関です。本部はベルギーのブリュッセルにあり、毎年ヨーロッパ、アジアをはじめ世界各国から多数の商品が出品されています。
多項目にわたる厳しい審査基準をクリアした商品にのみ賞が与えられるため、受賞商品は「国際的に認められた高品質商品」として多くの消費者の方に選ばれています。

2014年

メディプラスゲル、 ナチュラルカバーチーク、 シリコンブロックコンシーラー